tairoの徒然日記

心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書く日記

現代日本におけるオタク排他主義的思想の蔓延

 私はオタクである。それ以上でもそれ以下でもない。しかしながら、この現代日本社会はオタクたる私にとって非常に生きにくい社会であると言えるだろう。私は、そんな社会においてもオタクであることを隠すつもりは毛頭ない。なぜならそれが私のアイデンティティの一部であるという自覚があるからである。しかしながら、“オタク” という言葉にはあまり良くない印象が必ずと言っていいほど付いて回るように感じる。一体なぜか。

 その理由として、オタクが非社会的存在であるというイメージが、日本人のなかに一般的な感覚として存在しているということが言えるだろう。オタクと聞いて想像されがちなイメージとして、盛り上がるポイントが理解不能コミュ障なのに喋り出すと止まらないかつ早口陰キャだけど集まると謎の団結力が生まれる  等々。総じて気持ち悪いと思われがちなのである。わからないではない。オタクは自分の好きなものに関しては見境がない。故に時折周りが見えなくなることもある。それが上のようなイメージを抱かれてしまう要因なのではないかと感じる。

 だが、考えてみてほしい。それはオタクにしか当てはまらないのか。例えば、スポーツならどうか。感覚的に、スポーツファンはアニメファンより社会性が高いと思われているだろうが、スポーツファンにしかわからないツボも当然あるだろう。なのに、アニメやアイドルを話題にしている時とは違って冷たい視線を受けることはない。なぜか。アニメやアイドルなど、あまり人と関わる必要がなく、自分のみで完結させられるコンテンツが好きな人ならば、コミュ障・陰キャなどといった特徴を持つことは珍しいことではない。逆に言えば、そのような人たち同士がアニメやアイドルの話で盛り上がっていることが気持ち悪がられるのだろう。それがスポーツなどのような、人と関わりを持たなければ成立しないコンテンツとの根本的な違いである。 “オタク” という言葉が与えるイメージには、このような因果関係の逆転現象が起きているのである。

 さらに言えば、 “オタク” と “ファン” という呼称の違いが、オタクに対する風当たりの強さを最もよく表していると私は思う。“スポーツファン” を名乗る人がいても “スポーツオタク” を名乗る人はいない。特定のモノ(分野とも呼べるだろうか)に対しての愛と情熱があるならば、それはオタクとしての十分条件を満たしていると言えるだろう。

  “オタク” は蔑称では断じてない。これを蔑称と同等のものとしたのは社会である。オタクが住む世界はオタクにしか作れないのか。歩み寄るべきは我々オタクの側ではなく非オタの諸君ではないのか。

 

 偉そうに講釈を垂れているこの記事を、所詮はオタクの戯れ言だと笑う非オタ諸君の姿が目に浮かぶ。

そうだ、君の個性の話をしよう。

 「個性的」そう呼ばれる人間が近くにいることはないだろうか。わたしの周りにも少なからずいる。なぜその人たちがそう呼ばれるのか、考えることがある。もっと言えば、 “個性” とは何かを考えてしまう。

 『僕のヒーローアカデミア』という作品をご存知ないだろうか。この作品は、 “個性” と呼ばれる生まれながらの「能力」を持つ少年少女たちが、それを活かして人助けをする “ヒーロー” と呼ばれる「職業」につくまでを描く物語である。主人公は能力を持たない “無個性” の少年である。それが、あるきっかけによって “個性” を持ち、ヒーローを目指すことになるというところから物語は始まる。

 こんな世界に住んでいれば、何と生きやすいことかと思う。最近では、面接試験でも自己アピールをさせられることがある。目に見える個性を持っていれば、どれだけ楽に自分を表現できるだろうか。まして、自分の “個性” に見合う職業を探すことに苦労もあまりないだろう。しかし、それができないのが、私たちの住む現実世界である。目に見える個性を持たないのに、眼に見える形で個性の主張を求められる。これがどれほど難しいことか、考えるのは容易であろう。「自分の得意なことを言えばいい」とアドバイスをもらっても、「自分ではこれが得意だと思っているけど、こんなことができる人なんていくらでもいるだろう」などと考えてしまうことはないか。これは実に日本人的考え方ではないかと思う。自分の強みは何か。自分は何が得意か。自分が他者より優れていることは何か。自分にしかできないことは何か。客観的に見出される絶対的な “個性” を持たない私のような人間にとって、それを求められる社会はどれだけ住みにくいだろうか。

    フィクションの世界観を、つい現実世界に持ち込んでしまうのが私の悪い癖だ。ないものねだりをしても仕方ないのは、頭では理解しているが、それでも羨ましいものは羨ましい。個性ほど不確実でかつ必要不可欠なステータスを、私は他に知らない。私の「個性」とは一体何だろう。自問自答の終着点が未だ見えることはない。

ハラハラ

    このご時世であるからして、様々な立場の人たちへの配慮というものを、もっと広範に考えなければならない。しかしながら、その配慮を強制させる傾向も、この世の中には生まれてきたように感じる。

    そもそも、その “配慮” というものは、ある種の特定の他者に対するリスペクトから起因するものではないかと思う。一口にリスペクトと言っても、言葉通り “尊敬” “敬意” という場合もあれば、少し飛躍があるかもしれないが “尊重” という場合もあるだろう。いかにせよ、配慮をすべき時点がいつであるかを間違うべきではない。

    さて、話を戻そう。ここで問題視すべきは、現代で巻き起こる “配慮の強制” とも言うべき現象である。最近では、セクハラやパワハラなど “○○ハラスメント” という言葉を用いて、社会における問題行動を批判する傾向が具に垣間見える。批判の対象が誰がどうみても “問題行動” であれば、私がここで取り上げる事はないが、わざわざ言及するのは、それが過剰ではないかと感じるからである。「ハラスメント」という言葉は本来的には「嫌がらせ」という意味の言葉である。嫌がらせと言うからには、意図的で悪意がある行動がこれに当てはまるはずである。それが、例えば “スメル・ハラスメント” ではどうだろう。体臭や口臭などのケアをしない人に対してしばしば批判的に用いられる言葉だが、そこに悪意や意図はあるのだろうか。これ以外にも様々な “ハラスメント” が近年誕生している。

 他者を慮るという行為は、日本という国においては、その国民性にも関わる点でもあり特に重要である。しかしながら、少しばかり思慮が欠けていただけで、嫌がらせなどと揶揄されてしまうのはいささか理不尽ではないか。無自覚・無意識であるものに対する批判ほど野暮なものは無い。いちいち目くじらを立てて、あれやそれやと文句を言うのはいかがだろう。グローバル化が進む中で、ハラスメントのみならず、様々な点において他者への配慮が今まで以上に必要な世の中になっている。しかし、それと同等に寛容さというものも必要になっているのではないかと思う。何でもかんでもハラスメントだと主張する “ハラスメント・ハラスメント” とも呼べる現代社会の傾向に、文化や国民性のさらなる発展・向上という未来は無いような気がしてならない。

思考の言語化

   先日、高校時代の友人が地元で開催した、小学生対象のイベントにスタッフとして参加した。イベントの中身としては、午前は「お勉強TIME」として小学生たちが自分の夏休みの宿題に取り組んだ後にチーム対抗で簡単なゲームをし、スタッフ(断じて私ではない)お手製の昼食をとった後、午後は場所を移して体を動かすというものだった。

   午前のお勉強TIMEにて、興味深い宿題に取り組む児童がいた。なんでも、新聞社に出す投書が課題になっているというのだ。その児童曰く「先生が勝手に決めて、それでみんな書かされてる」らしい。投書というのは、新聞等の読者が、自らの意見や感想を自由に書いて送るというものだ。この前提として、自分自身の意見を持つ人が、それを世間に表明・提起したいなどといった自発的な志向を持っているという点を考慮に入れるべきだろう。そうした場合、 “書かされた” 投書というのは、投書としての役割を果たすのか少し疑問に感じた。このような実態があるということを考えると、時折話題になる小学生の投書も、その児童が自発的に書いたものなのかどうか考えてしまう。特に、私のように性格の曲がった大人にとっては、恰好の餌となってしまうだろう。

   しかし、仮にそうであったとしても、自分自身の考えを文字に起こす機会を与えるという点において、投書を用いることは非常に効果的ではないかとも思う。今の私はこうして「ブログ」という媒体を用いて自分の考えを文字に起こす機会を作っているが、小学生時代にそのような機会があったかと聞かれると答えに困る。読書感想文とは大きく異なる形で自分が考えていることを文字に起こす経験ができるのは、とても有益に思う。自分の考えていることを文字に起こす作業は厄介である。小学生が読書感想文を後回しにしてしまうのも、その作業が厄介であることを無意識的に理解しているからではないかと思う。ましてや投書のように、特定のテーマや題材も自分で決める必要がある、完全なゼロベースから自分の考えを書くのは、さらに厄介である。今回の投書の課題が、学校の先生によってテーマが決められたものかどうかまではわからないが、いずれにせよ読書感想文の時のように、テーマが第三者的に決められた状態で書くものではないので、難易度としても読書感想文とは比べ物にならないくらい高いのではないかと思う。また、書かされたものであったとしても、自分の考えを表明しようという試みは、思考を整理する練習にもなり得る。まして、それを自分のことをよく知る先生やクラスメイトなどではなく、自分のことを何も知らない不特定多数の人の目に留まりうることを考えて書くことは、読書感想文とはまた違った点に注意が必要だろう。

   何度も同じ話を繰り返すようで申し訳ないが、ブログを書くのも非常に難儀する。投書同様ゼロベースから書くものだからである。しかしながら、私にとってブログという媒体は非常に有効的なものとなっている。実際、ブログを始めてから、私自身の “思考の言語化” 能力は格段に向上しているような実感がある。とは言え、この能力は上げられるだけ上げておくに越したことはない。私の意欲が絶えない間は、このブログも続いていくだろう。

まちがいさがし

 日本には昔からこんな奇妙な言葉がある。「他人の不幸は蜜の味」人の不幸話ほど面白いものはない。そういう考え方をする人間が多いという証拠だ。だが、誰しも間違いを犯すことはある。それら全部を逐一晒し上げて、笑い物にしたり、袋叩きにするのは如何なものだろうか。

 私の趣味とも大きく絡む話題だからかもしれないが、スポーツにおける誤審は、袋叩きに遭う間違いの典型例であると見受けられる。誰が見ても明白な誤審であれば、叩かれて当然であろう。しかしながら、世の中には、怪しいと思ったプレーを、わざわざコマ送りにしてまで誤審かどうかを確かめようとする、酔狂な連中もいる。さらに言えば、そのような連中は、そのスポーツの経験があまりない場合が少なくない。私がなぜそのように感じるかというと、問題となるプレーを第三者的視点からでしか見ていないような口ぶりをしている場合が多いからである。「ここ、ベースに手が届く前にタッチされてる。あの審判、誤審したな。」スポーツファンを自称する私からすれば、このような批判はしょうもない。審判がアウトと言えばアウト。スポーツというのはそんなものだ。さらに言えば、プレーをする選手もそんな程度にしか考えない。少なくともアマチュアにおいては、と枕詞を置くべきかもしれないが。と言うのも、自分たちのプレーを見せ物にして収入を得るプロの選手と、あくまでも自分たちの飽くなき向上心の結晶として大舞台でプレーをするアマチュア選手との間では、その根底は大きく異なっているからである。そのような根本的な違いがあるとは言え、選手たちは1つのプレーを毎回毎回引きずったりはしないはずである。少なくとも、私が現役でスポーツをしていた頃はそう考えていた。

 スポーツには心・技・体の要素が必要であるとよく言われる。私もその認識に異論はない。さもすれば、審判員に誤審をさせたのは、審判員自身の怠惰ではなく、プレーをした選手の気迫・気概であるとは考えられないか。時に心は技をも上回る。誤審はこれの表れであると見ることはできないのであろうか。無論、誤審を正当化しようというのではない。誤審がないに越したことはない。しかしながら、相手の技術をも勝るそのプレーを誤審だと一括りにするのも如何なものだろう。実際に選手としてプレーした経験がある人には理解してもらえると思うのだが、審判員の判断は試合の流れや雰囲気に左右されることが時々ある。それは、プレーしている選手たちにはあまりわからない程度ではある。プレーしている選手たち皆が異論を唱えざるを得ない判定であれば、それは誤審として処理されるべきであろう。さらに私に言わせれば、気迫の籠ったプレーを誤審だと片付けてしまうことの方がよっぽど興醒めする。ベースに手が届いてないのに審判がセーフと言ってしまうのは、それはその選手の気迫が審判員を含めた試合の雰囲気全体を支配してしまったからである。それはその選手の好プレーであることに間違いないだろう。アマチュアスポーツであれば、1つのプレーが自分の生活に関わる訳でもない。仮に後から誤審だと騒がれるようなプレーが原因で勝敗が決してしまっても、それは審判員の過失ではなく、選手自身の手柄であろう。それらを含めてアマチュアスポーツは面白いのではないか。まして、リプレイ検証の作業を素人がして、その判断までも素人がする。粗探ししながらスポーツ観戦することの何が面白いのだろう。もっと純粋にスポーツを楽しむことは出来ないのか。SNSで時折流れてくる、コマ送りにした誤審疑惑の映像を見ると、ついこんな事を考えてしまう自分がいる。

 そうは言っても、時には甘い蜜を吸いたくなることもある。蜜の味がする不幸話には、少なからず中毒性がある。他人を嘲笑うことによって得られる、優越感にも近いその快楽は、それ以外の何にも変えられない。だから人は他人の間違いを探そうとするのだろう。時々、蜜を啜る自分をはたと俯瞰すると怖気がする。

変化球

 暑い日が続いていますが、連日ワイドショーを盛り上げるホットな話題がいくつかありますね。忙しいながらも、ざっくりネットニュースに目を通していた私ですが、吉本興業の一件は非常に目を引きました。

 再三言葉の使い方だのなんだのをほざいてきた私も、とうとう喋りのプロに食ってかかる日が来た……訳ではありません(笑)。今回食ってかかるのは、社長の “あの” 記者会見です。

 実は、記者会見当日のあの時間、私は奇跡的に家に居たので、YouTubeで生配信されていた記者会見の様子を、一部だけですが、リアルタイムで見ていました。のちに物議を醸し出すことになったあの発言もリアルタイムで聞きました。「場を和ませる冗談のつもりだった」ってやつです。不覚にも笑ってしまいましたね。多くのお笑い芸人を抱える会社の社長の笑いのセンスは相当尖ってるなって。ですが、まぁ騒動の中身なんかはどうだっていいです。言ったらあれは “ただのお家騒動” でしかないので、部外者が安易に口出しすべきではないでしょう。

 しかしながら、あの発言がその場しのぎで苦し紛れの釈明だったとしても、自分が冗談のつもりで言ってることが、相手には本気で言ってるように聞こえていたなんて経験はありませんか?私はあります。だから、笑ってしまったと同時に笑えないなとも思いました。

 私の友人に、下ネタを「ネタ」として昇華させることに命を賭けている男がいます。周りの人間(私を含め)は、彼が発する下ネタに「上品な下ネタ」とかいう訳のわからない評価をしています。今回の「伝わらない冗談」と「上品な下ネタ」はある種同質のものではないかと思うのです。

 その彼はよく、「下ネタは文脈に合うように言わないと、それは下 “ネタ” ではなく、ただの汚い下品な言葉に成り下がる」と神妙な面持ちで言います。冗談だって一緒ではないですか?冗談が冗談だと伝わる文脈で言わないと、それは冗談ではなくなります。冗談や下ネタは、わざと多義的な言葉を選択することにより、初めて成立するものです。ですが、それが上手くやれる人でないと、コミュニケーションツールとして使うことはできないのです。生憎、私には下ネタを上品に言う技量はありません。しかしながら、それが冗談になるとそれなりに自信があります。私は私で、嘘・ハッタリが大好きなので、その使い方には多少心得があります。ましてや、私が言う冗談にはいつも皮肉を多分に含むので、難易度は更に高いのです(というか、自分で勝手に難易度を上げているだけですが)。ただの冗談ならまだしも、皮肉交じりの冗談なんて物は、使い方だけでなく文脈や、さらには自分の立ち位置などを総合的に考慮した上で使う必要があるのです。雇用主が雇用者に対して、話し合いの場でいきなり「テープレコーダー持ってないよな」なんてことを言えば圧迫ないしは脅迫になります。後輩が先輩のことを、自分のことを棚に上げて「あの先輩はバイト先では人望がありません」なんて言うのは単なる侮辱でしかありません。社会的立場が上の者が誤れば圧迫や脅迫、下の者が誤れば侮辱になってしまうのです。冗談や下ネタを使ってコミュニケーションをとるのはやはり難しいですね。まぁ地雷を踏むのが怖ければ、潔く言わない方が身のためでしょう。

 もうひとつ、この流れで言及しておきたいことがあります。それは「 “ネタだ” と言えば何を言ってもいい」みたいな風潮です。私はこれを自慢げに振りかざす人を見るといつも胸くそ悪くなります。不愉快です。当然、先程までの下ネタ然り、冗談然り、はたまたイジり然り、文脈を無視したそれらは、もはやコミュニケーションツールとは呼べません。いえ、呼ぶべきではありません。それらを使う場合は全て、話し相手に必要以上の不快感を与えないことが大前提です。その上で、上手い人下手な人が出てくるのです。仮に不快感を与えてしまったとしても、その後のフォローを上手くやれば “面白おかしい会話” という範疇に留めることだってできます。理想を言えば、フォローまでをできるようになって初めて冗談や下ネタを使うべきでしょう。

 何にせよ、会話はキャッチボールです。相手がいないと成立しないのです。冗談などという変化球を投げるのならば、相手が捕れるところに投げてあげないと、ボールは返って来ませんよ。

 

 とは言え、キャッチボールで変化球を投げるなんてこと自体がそもそも邪道なんですけどね。

 

進化と退化

 皆さん、お久しぶりです。多忙が極まり、1ヵ月も更新が止まっていましたが、無事に夏休みとなり、時間もそれなりにできましたので、また更新を続けて参ります!久々ですが、いきなりトップギアで飛ばしていきましょう!

 

 趣味の話もしたい!でも、それだけでは誰も読んでくれない!小さくも強固な苦悩を抱える今日この頃、皆さんはいかがお過ごしですか?

 少し前にはなるのですが、戦争に関するある映像を見ました。「731部隊」というのを聞いたことはないでしょうか。え、ない?うーん、そうですか…。まぁそれでも結構です。簡単に説明しておきましょう。「731部隊」とは、正式名称を関東軍防疫給水部と言い、戦時中に、当時禁止されていた化学兵器の開発を担っていた日本軍の組織の1つです。戦車や戦闘機が開発されていながらも、攻撃手段には主に火薬を用いていた当時の潮流に新たな流れを生み出さんとしていた組織なのです。科学の発展にはよくも悪くも目的が必要だとは思うのですが、戦争がその一翼を担っていたということの1つの表れでしょう。技術の発展=国の発展、国の発展=国の存続、つまり技術の発展=国の存続、そんな構図が当時には存在していたのでしょうね。

 実際の史実を追えばこのことがわかるのですが、それ以降のことはそれだけではわかりかねます。そこで、私が考察の対象に挙げるのはSFです。技術の発展の先に何があるのか、私にそんなことを考えさせた1つの作品をご紹介します。その作品は機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(通称:鉄オルです。はい、鼻で笑ったそこのあなた。私は、そんなあなたを唸らせるような記事を書くことをここに宣言します。

 公式サイトの引用ですが、簡単にあらすじを紹介しましょう。

かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。

地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。

主人公の少年、三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(以下:CGS)は、地球の一勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退を始めてしまう。少年達のリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻してクーデターを決意。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、CGSの動力源として使用されていた「厄祭戦」時代のモビルスーツガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。

g-tekketsu.com

まぁ、何の事やらわからないと思います。正直なところ、ストーリーの内容は今回の記事にはあまり関係ありませんので、別にこれを理解してもらう必要もありませんし、特別説明も加えません。ですが、あえて一言付け足すのであれば、ガンダムをまったく知らない人にも見てもらえる作品である、ということでしょう。

 さて、本題に戻りましょう。私があえてこの作品を選んだのには、それなりの理由があります。と言うのも、この作品と他のガンダムシリーズ作品とでは大きく異なる点があるのです。それは、モビルスーツ(MS)同士の戦闘シーンにあります。他のシリーズだと、ビームサーベルビームライフルに代表されるビーム兵器であるとか、脳波で動かすサイコミュやドラグーンシステムなど、時代を追う(現実・シリーズ中に関わらず)ごとに、登場する兵器の科学的要素がどんどん増していきます。そこで一石を投じたのが鉄オルなのです。鉄オルに特徴的なのは、MS同士の肉弾戦です。技術が高まりすぎて、もはやビーム兵器が通用しなくなり、実弾を用いたり、殴る蹴るで攻撃するようになったのです。つまり、技術が進化した先に待っていたのは退化だったという訳なのです。

 かつて、かの有名な科学者アルベルト・アインシュタインは、このような言葉を残したと言われています。

第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう。

もし仮に、第三次世界大戦が起きるとすれば、それは核戦争になるだろうと言われています。これは技術の進化の過程と言えるでしょう。ですが、核兵器が使われたあとはどうなるでしょう。文字通りの不毛の地となり、残留する放射能によって人も住めなくなることは、日本人である皆さんには、もはや言うまでもないことですよね。進化を遂げた文明の利器によって、文明の退化が起きるのです。そうして、退化した文明のもとで起きる第四次世界大戦は、そりゃあ石とこん棒でやりあうでしょうと、アインシュタインはこう予言した訳です。

 鉄オルの制作サイドがこれを話に取り入れたのかは定かではありません。ですが、少なくとも現実世界において進んでいくであろう道を、SFでは既に通り越しているのです。私が先ほどのアインシュタインの言葉を知ったのはごく最近で、鉄オル放映当時は知らなかったのです。当時の私は、現実世界でも科学の進歩によって今までの常識が通用しなくなる時代がくるのかなぁなんてことを考えていました。

 アニメの世界観を現実世界に持ち込んでいる時点で既にオタク丸出しな感は否めませんが、逆を言えば、そういう考察を可能にするのがSFのいいところではないかと思うのです。作品によっては社会状況を反映して制作されているものもあります。そういった視点もあるということを知った上で、ぜひ鉄オルを見てみてください。作品自体も相当面白いものとなっています。